韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。


大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-76話

部長

“人間狩り”が続く。イムン率いる唐軍は3方をから攻めようとしたが、そこには悉く罠が仕掛けられていた。7000人の唐軍は壊滅状態にされ、イムン自身も罠にかかり木に吊るされた。唐軍の生き残りは1000人になっていた。テ・ジョヨンはイムンを食糧と引き換えにしようと考えた。あくまで戦い抜く姿勢だ。ソ・リンギが鬼斧山に着いてその現状を見た。長安城の動きもあわただしく、イ・へゴたちがイ・ヒョンの武器を捜索したが、もうどこかに隠されたあとだった。イ・へゴたちは、謀反の濡れ衣を着せられイ・ヒョンに殺された異民族の先輩たちのことを周知していた。テ・ジョヨンが生きていることを知った、テ・ジュンサンはソ・リンギに頼み、鬼斧山に行き、テ・ジョヨンたちが武器を捨てて山を降りるよう説得した。その頃、長安城では王が崩御したという噂が流れていた。則天武后反対派は、このままでは唐の権力は則天武后の思いのままになると焦り始めた。イ・ヒョンもこの機会を逃してはチャンスがないと判断し、兵を率いて皇后殿に向かった。謀反であった。則天武后にむかって、皇后は王の崩御を隠蔽し権力を我が物にしようとした、これは謀反ではなく国を救うための旗揚げであると叫んだ。則天武后は、奥に声をかけた。イ・へゴに支えられた皇帝イ・チが現れた。イ・ヒョンは全てを悟り、叫んだ「イ・へゴ、お前が企んだことか!」と。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-77話

副部長

イ・ヒョンは捕えられ牢に入れられた。則天武后は、謀反の一味と怪しいと思われる人物を追求した。自分に挑んでいる反対勢力を服従させるのが目的だった。イ・へゴはイ・ヒョンの側近チョ・ドセンを脅し、謀反に協力した人物としてイムン、チョ・ムネ等の名前を書かせた。則天武后は、生き残ったテ・ジョヨンは殺さず、イムンは死体であっても死後の極刑である剖棺斬屍を行うと言い渡した。ソ・リンギは、テ・ジョヨンと鬼斧山で行き残った奴隷たちに、唐に忠誠を誓えば、今までの罪は許して登用すると言った。高句麗を裏切るような誓いはできないテ・ジョヨンだったが、父ジュンサンが髪の元結を切り唐への忠誠を誓い、“人間狩り”で心を一つにした生き残りの奴隷たちも髪を切って、テ・ジョヨンに自分たちを見捨てないでくれと口々に叫んだ。テ・ジョヨンもようやく髪を切り、唐への誓いの言葉を口にした。テ・ジョヨンたちは、則天武后の前でも唐への忠誠を誓いテ・ジョヨン一行は都城の北門を任されることになった。そのテ・ジョヨンの前にミモサが跪いた。全てミモサが考えたことで、自分が唐に忠誠を誓わせてしまったと涙にくれた。北門に赴任したテ・ジョヨンのもとに、チョリンの助けで皇宮を抜け出してきたスギョン姫が来た。スギョン姫は驚き喜ぶテ・ジョヨンの胸に顔を埋めた。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-78話

部長

再会したスギョン姫は、二度とテ・ジョヨンのもとを離れないと誓った。テ・ジョヨンは唐を脱出し高句麗再興の気持ちは捨てていなかった。謀反の裁定はイ・ヒョン王子の身分剥奪、宮外追放だけで、他の重臣は則天武后への新たな忠誠を誓わされただけで元の職務に戻された。イ・へゴはチョリンと共に皇宮の近衛隊長になった。チョリンの父契丹族部長たちが、チョリンの息子コムの到着を待って営州に帰ることになった。北門に着いたコムを抱くテ・ジョヨンを、コムはテ・ジョヨンの子であることを知っているコルサビウは複雑な気持ちで見た。程なくして、馬都山のケピルサムンが則天武后への献上品を略奪するという事件が起こった。唐政府はケピルサムン討伐を決め、討伐隊の総司令にイムンを任命した。唐脱出の絶好の機会と判断したテ・ジョヨンは、討伐隊に加わることを決め、ソ・リンギに願い出た。父テ・ジュンサンを自分の邸に人質として居候させているソ・リンギは、テ・ジョヨンの討伐隊参加を許可した。許可をもらってすぐ、テ・ジョヨンとスギョン、フクスドル、コルサビウは城外の寒村に暮らすポジャン王を訪ねた。ポジャン王はテ・ジョヨンにスギョンとの結婚を勧め、2人はその場で結婚の儀式を行い夫婦となった。北門に戻るとイムンが来ていた。出兵前の持ち場離脱を叱責し、討伐隊に入った以上、自分の命令に従うようにと言い放った。テ・ジョヨンは、唐を脱出するためにも耐え抜くと自分に言い聞かせるのだった。

おすすめの記事