韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)

部長
今回は中国の広大な風景をバックに撮影が行われた歴史ドラマ。時代劇スターの『太祖王建』『海神-HESHIN-』チェ・スジョン主演の名作ドラマ『大祚榮(テジョヨン)』をご紹介します!

副部長
一人の男が祖国滅亡後、過酷な運命、闘い、悲恋を乗り越え渤海を建国するまでの波乱万丈な人生を描く歴史超大作!

部長
全134話の構成になっています!

大祚榮(テジョヨン)-概要

部長
戦火に見舞われる高句麗末期、将軍の長男としてテ・ジョヨンは生まれる。奴婢として育つものの、見よう見まねで剣術と学問を学び、立派に成長するジョヨン。
ジョヨンは唐の挑発により危機に陥っていた父テ・ジュンサンと高句麗の兵士たちを助けるために戦い始める。この時、唐と手を組んでいる契丹族の襲撃により生死をさまよっていたジョヨンは、契丹族族長の娘チョリンに助けられる。それをきっかけにジョヨンとチョリンは恋に落ちる。
そんな中、ジョヨンの恋のライバルとして現れるのが、チョリンと兄妹のような仲のイ・ヘゴ。ヘゴは高句麗の将軍のもとに生まれるが、訳あって契丹族によって育てられ、共に育ったチョリンを愛するように…。平壤城の政治勢力と遼東の軍部勢力が反目する中、和合と仲裁のために平壤城に侵入したジョヨンは、監獄に入れられてしまう。それを救ったのが、寶臧王の姪スギョン。スギョンはテジョンに想いを寄せ、チョリンと恋のライバルになり、葛藤を起こす。そんな中、チョリンはジョヨンとの子を身ごもるが、ジョヨンに告げることもできず…。結局二人は引き裂かれる運命となってしまう。
やがて、高句麗は新羅と手を組んだ唐に滅ぼされ、高句麗の民は流民になる。あちらこちらに散らばってしまった高句麗の民を思うジョヨンは、高句麗の民が安心して暮らせる国を作るために、義兄弟として意を決したコルサビウ、フクスドルと共に立ち上がり…。

https://youtu.be/-QrcKgM-2a4
https://youtu.be/vK2gp4KiFUA

大祚榮(テジョヨン)-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-97話

部長

テ・ジュンサンに会った唐の使者は、契丹が唐に勝利したのはテ・ジュンサン、テ・ジョヨン親子の力であるから、則天皇帝が「北方の王と認め震国公の名を送る」と認めた文書を渡した。王は唐が決めるのでなく、高句麗の民が決めるものと文書を突き返すテ・ジュンサン。イ・ヘゴは、営州城に入り契丹国皇帝を無視した唐の使者を逮捕し、高句麗流民村を契丹兵で包囲した。イ・ヘゴも契丹国皇帝イ・ジンチュンも、使者の行動は唐によるテ・ジョヨンと契丹国を仲たがいさせる“離間の計”と見ていた。しかし、軍師シン・ホンは使者を脅し、先の戦いの折、テ・ジュンサンがソ・リンギの命を助けたことでそこに唐との密約があったと偽の告白をさせた。理由は違っても、ソ・リンギの命を助けたことは事実であったので、イ・ヘゴとイ・ジンチュンはテ・ジュンサン親子が自分たちを裏切ったと信じ、イ・ジンチュンは怒りのあまり病に倒れた。イ・ジンチュンが病にふせている間、義弟のソン・マニョンが摂政となった。そのソン・マニョンをそそのかしテ・ジョヨンを反逆罪で処刑させようと企むシン・ホン。シン・ホンは医師を抱きこみ、イ・ジンチュンの回復を遅らせていた。こうした契丹国の動きを知った唐の則天皇帝は、契丹国、旧高句麗が分裂している隙に一気に北方の強国、突厥を滅ぼそうと考える。しかし、戦続きで民が疲弊していることを知っている武将たちは、そのことに反対の気持ちを抱いていた。テ・ジョヨンの軍師ミモサは、シン・ホンの動きを察知して、武力で契丹国を制圧することを実行しようとするが…。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-98話

副部長

テ・ジョヨンを天下の勝者にするために、ミモサ、コルサビウ、フクスドルは武力で営州を制圧することに決めた。全ては、決起に反対するテ・ジョヨンに内緒で進められた。武装解除して村の内外にいる兵に呼びかけてその日を決めた。しかし、その決起は契丹国軍師シン・ホンの掌の上のことでしかなかった。挙兵した兵士は一網打尽にされ、コルサビウ、フクスドルたち腹心の武将は生け捕られた。ミモサに打ち明けられて決起を知ったテ・ジョヨンは、父テ・ジュンサンを営州から脱出させ、自らはミモサとともに逮捕された。テ・ジョヨンを信じるイ・ヘゴとチョリンの一子イ・コムは、契丹国を救ったテ・ジョヨンを投獄することに強く反対し、テ・ジョヨンを客室に通した。あまりにテ・ジョヨンを庇うコムの姿に、顔相を見るシン・ホンは、コムはテ・ジョヨンに似ていると指摘して、イ・ヘゴに真相を迫るのだった。即日処刑と決めたその日、契丹国皇帝イ・ジンチュンが目覚めた。イ・ジンチュンは事態を察して、処刑を延期し、自分が回復してから取り調べると宣言する。その頃、唐のソ・リンギは、ホンペだけを連れて西北の突厥族可汗ムクチョルに会い、唐がテ・ジュンサンに王位を与えたことを告げた。そして、テ・ジョヨンと契丹国が仲たがいしている今、契丹を攻めよとたきつけた。その契丹国では、目覚めたイ・ジンチュンをテ・ジョヨンが訪ね、投獄されている部下を釈放するよう願い出る。すると、イ・ジンチュンは部下を釈放したら、自分の頼みを聞いてくれるかと切り出した。その頼みとは「自分が死んだらこの国の王になってくれ」というものだった。

韓国ドラマ-大祚榮(テジョヨン)-99話

部長

契丹国皇帝イジンチュンに王位を譲ると言われたテ・ジョヨンは、王になる器ではない、王位は娘チョリンにと答えた。その対応にイジンチュンは、自分が一度でもテ・ジョヨンを殺そうとしたことを恥じ、これからはどんなことがあってもテ・ジョヨンを信じることを約束した。一方、「王になってくれ」というところだけを盗み聞きした臣下は、皇帝の義弟ソンマニョンにそのことを密告した。色めき立つイヘゴたちだったが、イジンチュンは取り合わず、テ・ジョヨンの部下は全員釈放され高句麗流民の村に戻った。スギョンは東牟山に唐の間者が現れたことを告げ、このままでは本拠地・東牟山が危ないと訴えた。テ・ジョヨンは自分たちの故郷・遼東にいる唐軍を征伐して、そこに流民を収容しようと考えた。遼東にいる唐軍には契丹も脅かされているし東牟山も危うい。イジンチュンの信頼が厚いテ・ジョヨンは兵糧と軍需品の調達を契丹国に頼み、出兵を決めた。ミモサは、遼東に放った間者に情報を聞くため遼東に向かって出発した。その頃、ソリンギはまだ突厥族の陣営にいた。西域を支配し、豊かになった突厥族はソリンギが望む営州攻撃をすぐには臨まなかった。テ・ジョヨンと契丹国が争いになったという噂も聞こえてこない。遼東出兵を止めたいシン・ホンはチョリンの侍女を呼び、言葉巧みにコムが実はテ・ジョヨンの子供であることを聞き出した。そんな折、イヘゴとコムが剣術の試合をすることになった。打ち合ううちに、イヘゴはコムの姿がテ・ジョヨンと重なってしまい、思わずコムを打ちのめしてしまう。

おすすめの記事