韓国ドラマ-ラブレイン-あらすじ-最終回
韓国ドラマ-ラブレイン-あらすじ-全話一覧-最終回


韓国ドラマ情報館|あらすじ!ネタバレ!最新情報!
韓国ドラマ-ラブレイン-あらすじ-13話~15話-最終回
ラブレインのあらすじやキャスト、相関図などをまとめ、最終回までネタバレありで全話配信♪

 

【ラブレイン-概要】

70年代、ソウル。韓国大学美術学科の学生で御曹司のソ・イナ(チャン・グンソク)は、わずか3秒で恋に落ちてしまった―。ベンチに座る女学生を見かけて心惹かれたイナは、窓の外に目を向けてスケッチをはじめる。彼女が姿を消したことに気づいて急いで外に出たイナがぶつかってしまった相手こそ、スケッチした彼女だった。ほとんど言葉を交わすことなく別れるが、イナは彼女が落とした日記帳から、同じ大学の家政学科に通うキム・ユニ(ユナ)であることを知る。ふたりはある雨の日に再会。ひとつの傘に入ったイナとユニは、その日をきっかけに、お互いを意識しはじめる。けれどもイナがユニに告白しようと心に決めたとき、医学科に通うイナの友人のドンウク(キム・シフ)も、ユニに思いを寄せていることがわかってしまう。積極的なドンウクの態度を見て、一度はユニをあきらめようとするイナだが、その思いは募るばかり。ふたりは愛を育みはじめるが、様々な壁がイナとユニの前に立ちふさがり、お互いへのかけがえのない思いを胸に抱きながらも、別れる道を選んでしまう……。
2012年。美術の教授となったイナ(チョン・ジニョン)はかつて愛したユナのことが今でも忘れられず、息子のジュンがまだ幼かった頃に離婚。樹木医となったユニ(イ・ミスク)はアメリカ留学中に出会った夫を失い、娘のハナをひとりで育て上げていた。そんなふたりが、雨の日に再会を果たす。彼らの子どもであるジュン(チャン・グンソク)は売れっ子のフォトグラファー、そしてハナは母親の影響でガーデナーとして働いている。ジュンとハナも北海道で偶然に出会い、反発しあいながらも惹かれあっていくが……。

 

スポンサーリンク



 

【ラブレイン-あらすじ-13話~15話】

 

◇ラブレイン-13話

思い出の海にやって来て
ユニにプロポーズするイナ。

その頃、ジュンも幼い頃に
父親に連れて来られたその浜辺を
ハナと散歩していた。

「話があるんだ」と別れを告げた
本当の理由を打ち明けようとするが
そんな時にハナが連れ添って歩く
イナとユニを目撃。

ジュンは二人に見つからないように
ハナを連れ去るが、そんなジュンの
行動を見たハナはイナとジュンが
親子であることにとうとう気づいてしまう!

ソウルに戻った二人は
お互いの気持ちを確かめ合うのだが…。

そんな中、テソンに呼び出されたジュンは
ハナの母親が自分の母親によって
解雇されたことを教えられる。

ヘジョンの元へ向かうとユニの
解雇を取り消させるジュン。

偶然出くわした父親に憎まれ口を叩き
そのまま去って行くのだった。

一方、ユニが解雇された件を
ジュンが解決したとテソンに
教えられたハナ。

母親の元へ向かうと
そこにイナも現れる。

母親がプロポーズされたことを
知ると表情を曇らせるが
「母さんを幸せにしてください」
と咄嗟に笑顔を作って二人を祝福…。

しかし、ホワイトガーデンで
出くわしたジュンが別れを
告げて去って行くと
堪え切れずに涙を流してしまうのだった。

母親の幸せを願い、ジュンを諦めて
ホワイトガーデンを去ったハナ。

母親にレストランに連れて行かれると
そこにイナもやって来る。

さらに、「話したいことがある」
とイナに呼び出されたジュンも
現れるのだった。

スポンサーリンク



 

◇ラブレイン-14話

何も知らされずにやって来た
レストランで顔を合わせて気まずい
雰囲気になるジュンとハナ。

「家族になる」というイナの言葉に
ジュンは反論しようとするが

「結婚式が楽しみ」と割って入った
来たハナに邪魔されてしまう。

憎まれ口を叩いてレストランを出ると
追いかけてきたハナにも捨て台詞を
吐いて去って行く。

一方、イナとユニが再婚すると
ヘジョンから教えられ
ジュンとハナが別れた理由を
理解したテソン。

ハナの元を訪れると
「辛い時はいつでも頼ってくれ」
と慰めるのだった。

そんな中、テソンのリゾートで
ヘジョンのブランドの
ファッションショーが
行われることに。

ジュンはそこで手伝いにやって来た
ハナを見かけると、自分の母親に
見つけられないように「早く帰れ」
と忠告。

心配したことを感謝されると
「自分の母親のことを心配しただけだ」
と去ろうとするが
そこにヘジョンがやって来る!

「出て行け」とヘジョンはハナを
追い出そうとするが
テソンは帰ろうとするハナを
自分のパートナーとしてヘジョンに紹介。

仕事の関係上、テソンを敵に回せない
ヘジョンは苦々しい思いを
させられることに。

ファッションショーは無事に終わるが
ヘジョンはハナを探しに来た
イナとユニと鉢合わせ!

ジュンとハナも現れると
その場は修羅場に…。

イナとユニが結婚につ
いて不安になる中
「家族になろう」と諭すハナに
反発するジュン。

イナの元を訪れると
「愛する人がいる」と
告白しようとするが…。

スポンサーリンク



 

◇ラブレイン-15話

ハナと自分との関係を父親が
知っていたと知って愕然とするジュン。

「もう少し時間をくれ」と
釈明しようとするイナを突き放すと
その足でハナを訪れて切実な気持ちを告白!

ところが、母親の幸せを願うハナに
その気持ちを受け入れては
もらえなかった…。

そんな折、イナの誕生日パーティーが
ユニの家で行われることに。

ジュンはパーティーに顔を出すと
二人の結婚を祝福している
振りをしてハナに優しく接する。

パーティーがお開きになると
「これがお前の望んだものか」と
ハナに皮肉を言って去って行くのだった。

そんな中、テソンがハナに会いに来る。

テソンは映画のチケットを
渡すと帰って行くが

その様子を見ていたミホが
入れ替わるようにハナの元へやって来る。

「ジュンとの仲を進める」と宣言すると
ハナがテソンと一緒にいるところを
見せるためにジュンを誘って映画館へ。

ハナと鉢合わせしたジュンは平静を装うが
一旦席につくと「お前が仕組んだのか?」
とミホに告げると映画館を後に。

「今日は一人で帰る」とテソンと
別れたハナと見かけると…。

その頃、医者に失明の危険があると
宣告されたユニは
家にやって来たイナに「話がある」
と切り出していた。

しかし、「話がある」と同時に
切り出したイナに先に話すよう勧める。

するとイナは
「結婚を白紙に戻そう」と
ユニに告げるのだった。

スポンサーリンク



 

【ラブレイン-その他のあらすじ】

韓国ドラマ-ラブレイン-あらすじ-1話~3話-最終回
韓国ドラマ-ラブレイン-あらすじ-4話~6話-最終回
韓国ドラマ-ラブレイン-あらすじ-7話~9話-最終回
韓国ドラマ-ラブレイン-あらすじ-10話~12話-最終回
韓国ドラマ-ラブレイン-あらすじ-13話~15話-最終回
韓国ドラマ-ラブレイン-あらすじ-16話~18話-最終回
韓国ドラマ-ラブレイン-あらすじ-19話~20話(最終回)-最終回
 

スポンサーリンク



 

その他おすすめの韓国ドラマ

 

スポンサーリンク



おすすめの記事